迷いながら。

迷いながら。

岡庄みかん畑

いろんな方の考えを聴きながら歩んでいます。

みかんの花も今ピークを迎えています。

花が咲く頃、新芽が徐々に成長しだした今の時期には虫も活発に動き出します。新芽をかじられたり、花の中にある幼い果実に傷をつけられないように、予防として殺虫剤や殺菌剤をやり始めている農家さんも多いようです。

岡庄みかん畑では数年前から、この時期の農薬散布は辞め、殺菌効果や殺虫効果はありませんが、除菌、抗菌効果のある木酢液、キトサン液(カニの殻から抽出した液体)を定期的に与えている栄養の液肥に混ざて散布しています。

科学合成された農薬を減らしたほうが土に良く、樹にもいいのでは?

と考えているから、今年も昨年より1年間の使用農薬を減らしてみる計画です。

ただ、農薬を減らすだけではいけませんので、肥料のこともセットで考えなければなりません。肥料を変えるのは農家にとっては勇気のいることだと思いますが、いろんな方、みかん農家の先輩やご縁をいただいている無農薬でお世話している野菜農家さんからアドバイスや考え方を聴き、自分のみかん畑と相談しながら取り入れて、チャレンジしています。

変えたから直ぐにいい結果が出ることはないですね。日々、年月を積み重ねて。

正直、大成功というよりは、色々考えること、悩むことのほうが以前より増えたような気がしますが、昔にやってたお世話の仕方、除草剤や農薬を規定通りに使っていたやり方に戻そうと思ったことはありません。

マルシェで食べさせていただいた無農薬の野菜、無肥料でも立派に育った野菜の味は今でも覚えています。

まだまだ、知識もやるべきことも沢山ありますが、いろんな方のご縁に感謝しながら、ジタバタしながら歩んでいきます。いずれ、みかん娘たちも応えてくれくことを信じながら。

岩﨑 昌司

岡庄みかん畑岩﨑 昌司

Iwasaki Masashi
はじめまして、岡庄みかん畑 岩﨑 昌司です。 まだまだ尻の青い若僧ですが、「土にいいこと。」を合言葉に日々精進しております。

人気のある記事

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ