今シーズンも”ゆかり”をいただきながら。

今シーズンも”ゆかり”をいただきながら。

岡庄みかん畑

「千のゆかり縁」たる理由は。

2018年度のみかん娘のお世話が始まりました。

今シーズンも「みかん娘や土が喜んでくれそうなことはやってみる。」をお世話する上での信念としてやっていきます。

新たなシーズンが始まり、早速去年より追加、変えたお世話として海に近い有田ということもあり、海水を利用、竹の粉末を土へ撒いてみました。そして、今までは木酢液を使っていたのを、醸造酢に変えてみること。

海水、竹の粉、醸造酢、全て自分で考えて見つけたことではありません。ご縁をいただいている丹波の無農薬旬野菜農家さんkom’sfarmさんからヒント、アドバイスをいただいて、竹の粉は兵庫の丹波までいただきに行ってきました。

有難いご縁、繋がり、”千のゆかり”からみかん娘のお世話に繋がり、皆様のもとへ嫁いでゆきます。

これからも、いろんな農家さん、違う業種、嫁ぎ先さん、千のご縁をいただきながら、感謝の気持ちは忘れずに、コツコツとお世話して歩んでゆきます。